2017/11/15

2017年 お節の会のお知らせ。

今年の最後の日も「お節の会」で締め括りたいと思います。

「作る楽しみが、誰かの食べる楽しみにつながりますように」
皆さんとお節をつくる時間は、私にとって年末の大切な行事のひとつ。
今年も、基本のお節料理をベースに、ローストビーフ等を含め15品程度を
お持ち帰り頂ける様にしたいと思います。

通常レッスンにご参加下さっている生徒様を優先に、ご希望の人数が多い場合は
抽選とさせて頂きます。

【詳細】   基本のお節料理をベースに2段重に詰めてお持ち帰り頂きます。
こちらで準備した料理も含め、15品程度を予定しています。

【日時】   2017年12月31日(日)11:00〜16:00頃
※終了時間は前後する可能性があります。
お時間にはゆとりを持ってご参加下さい。

【参加費用】 お一人様 22,000円(レシピ・軽食・お重代込み)
※今年はお節食材の値段が高騰しているため、参加費用を少し
見直しさせて頂いております。ご了承下さい。

【お持ち物】 エプロン・タオル・お持ち帰り袋

【受付期間】 2017年11月15日(水)〜11月20日(月)
※先着ではありません。抽選となります。
※受付は終了致しました。本当に沢山のご応募ありがとうございました。

【ご予約方法】ご参加をご希望の方は、募集期間中にご希望の旨メール下さい。
※応募多数の場合は抽選の上、ご予約の可否とご案内を11月23日(木)
中にメールにて返信させて頂きます。
※代表者の方が複数人数でお申し込みをされる場合も、抽選はお一人
ずつとさせて頂きます。

あっという間に年末ですが、皆さんと過ごせる時間が楽しみです。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

2017/11/01

「冬のスパイス香る食卓」

ご予約人数に達しましたので、お申し込みの受付を終了致しました。
沢山のご予約を頂きありがとうございました。

カレーで使うクミンやターメリック、コリアンダー。
中華料理で使う花椒や八角。
パンやケーキにも使うシナモンやクローブ・・・。
日々のお料理で何気なく使うスパイス達。
ひとつまみのスパイスで広がる料理の可能性。
奥深いスパイスを身近に感じ、学んでみませんか。

TABERU COOKERYSPACEでは、スパイス調合家/スパイス料理家の日沼紀子さんをお招きして、
スパイスの会「冬のスパイス香る食卓」を開催致します。
TABERUはお料理に合わせたハーブブレッドを担当します。

「冬のスパイス香る食卓」
【詳細】
日沼紀子さんが主宰するatelierCROISEMENT(アトリエクロワズモン)の
季節のスパイスミックスシリーズを使用したスパイスの会です。
冬の今回は、ジュニパーベリーを主役とした”森のような香り”のスパイスミックスを使って、
スパイスについてのお話と、お料理作り、お食事をお楽しみ頂けます。
また、今回は「シラー」をテーマに日沼さんがセレクトして下さったワインを、お料理に
合わせて3種ご用意致します。
スパイスやハーブについての学びや、ワインについてのカジュアルなお話、食後のお茶も
付いた充実の内容となっています。

【メニュー】
・里芋のポタージュ
・鴨のロースト 冬野菜の温かなサラダと共に
・フォンダンショコラ
・グラスワイン2種(シラー)、デザートワイン1種(シラー)
・セージのプチパン
・食後のスパイスティー
・食後のプチフール

【日時】
・2017年12月2日(土)10:30〜13:30頃
※終了時間は若干前後する場合がございます。時間にはゆとりを持ってご参加下さい。
※また、アルコールを提供致しますので、お飲みになる方のお車でのご来店はご遠慮下さい。
※お酒が飲めない方も、お気軽にご参加下さい。

【場所】
TABERU COOKERYSPACE(野田屋町)

【参加費】
お一人様 6,500円(レシピ・お食事とワイン・スパイスのお土産付き)

【お持ち物】
エプロン・筆記用具・タオル

【予約受付開始】
2017年11月8日0時〜 メールにてご予約下さい。
※ご予約後のキャンセルはご遠慮下さい。
※受付を終了致しました。沢山のご予約ありがとうございました。

○日沼紀子さんプロフィール
スパイス調合家/スパイス料理家
食品メーカーでスパイス開発に携わった後、カフェオーナーとしてスパイスやハーブを使ったオリジナル料理を提供。現在は、顧客に合わせた商品・料理レシピの開発のほか、ワークショップ等でスパイスやハーブを使った生活の楽しさを提案している。
独自に調合したスパイスやハーブティーなどを販売するatelierCROISEMENT(アトリエクロワズモン)主宰。著書に「スパイス&ハーブ料理の発想と組み立て」「クミン料理の発想と組み立て」(ともに誠文堂新光社)、「日常づかいのシナモン・レシピ」(産業編集センター)がある。

2017/10/24

2017年のシュトレン

10月も後半に入りました。
台風も行き去り、長く続いた雨も止み、晴れ間が見える様に。
清々しい秋の気候が長く続いて欲しいなと思いながら、気が付けば今年もあと2ヶ月・・。
早くも気持ちはソワソワと、少し慌ただしさも感じ始めています。

いつのまにかクリスマスには「シュトレン」という文化が、日本にもすっかり
根付いたこの頃。今年も11月はシュトレンのレッスンを。
昨年好評だった洋シュトレンに加えて、今年は和シュトレンも登場させます。

時間を見付けては、試作。

色々と条件や配合を変えて、まずは5種。
リクエストと言いながらも、洋のシュトレンも少し改良を試みています。

好みは千差万別なので、どうしても自分好みの仕上がりになってしまいますが、
基本はオーソドックスな定番が好き。
日を追うごとにしっとりとスパイスやフィリングの風味が馴染んで、
味わいが変わるのも、食べる楽しさの一つかなと思っています。

一通り食べたら、味比べだけでお腹いっぱい(笑)。
本番までに、あと何本作る事になるのかな。
1人シュトレン祭り。

洋酒漬けフルーツの準備もしながら、ゆったりとした気持ちで来月を迎えたいと思います。

シュトレンは基本8名でのレッスン予定ですが、入れなかった方が多くいらっしゃるので、
増枠を検討しています。その際は、またお知らせさせて頂きますね。

来月もお楽しみに。

2017/09/29

自家製調味料

日々のお料理と特別な日のお料理は別のもの。
ハレの日があればケの日があって、バランスを取っているのだと思います。

毎日の料理を少しだけ楽にする為に、自家製調味料を作のも楽しいものです。

左上:自家製柚子胡椒   左下:青唐辛子の醤油漬け
中央上:紫蘇の実の塩漬け 中央下:紫蘇の実の醤油漬け
右:にんにくの醤油漬け

お醤油に風味があるだけで、和え物やドレッシングがちょっと美味しく仕上がったり、
にんにくを切るのが少し面倒な時は、にんにく醤油の出番。
もちろん中の唐辛子や、紫蘇の実、にんにくも使えます。
この他にもバジル醤油や生姜醤油など・・冷蔵庫には瓶がいっぱい(笑)。

息抜きも兼ねて、ついつい作ってしまう自家製調味料。
日々のお料理にも大活躍です。
ほんの少し手を加えるだけて、食材の色んな味の可能性に気付けたり、
生徒さんにお伝えしたい事が見つけられて、ワクワクしたり(嬉)。

またレッスンで還元できます様に。

2017/09/07

実りの秋

拍子抜けなくらいに夏がスーッとどこかに行ってしまって、お料理もパンも
作りやすい気候になりました。

8月はパンのレッスンがお休みだったので、9月に向けての準備と並行しながら
合間にパン作り。
何度焼いても奥が深くて、まだまだ学びたい事が盛り沢山。
自分で上手に焼ける様になる事はもちろんですが、お家に帰って生徒さんが同じ様に
作れる様に、経験や感覚を上手く伝えられる様になりたいなと思います。

8月はハードパンメインで焼いたので、9月の合間にはソフト系も焼こう。
ソフト系ファンの皆さん、少々お待ち下さいね(笑)。

食欲の秋、実りの秋。
お出掛けにも最適な時期ですね。
過ごしやすい気候が長く続きます様に。

2 / 24123»