2015/07/10

油とグラノーラ

先日、ablabo.さんで購入した油。

IMG_2018_Fotor.jpg
オリーブオイルと椿油、そして小さい黄色い油は菜種油と
ココナッツオイルを大林さんがオリジナルでブレンドした「sakutto」。
この油、ココナッツオイルが主張しすぎず、さらりと軽い油で、
お菓子やパンケーキに使いたい!クセになりそうです。
小さい透明の瓶は、マッサージオイルやクレンジングにも使える
オイルで、スーッと馴染む感じの油です。口に入っても平気なので、
安心して使えます。
本当に色んな油があって、お料理が楽しくなりそうです。
美味しさと用途によって、油も使い分けるのも楽しみの一つ。
少しずつ勉強です。
そして、大林さんの油を使ったグラノーラが「つるの玉子本舗」さんに
あります。
IMG_2027.jpg
黒豆や大豆、ごまなど、和のグラノーラになっていて、これが
食べ出すと止まりません(笑)。

2015/07/09

西粟倉村へ ②

西粟倉村へ②が、遅くなってしまい申し訳ありません。
①の続きです。

難波邸のフレル食堂さんで食事をした後は、あわくら温泉「元湯」さんへ。

IMG_1993_Fotor.jpg
(遠くから精一杯撮った写真の為、写りがイマイチで申し訳ありません。)
元湯さんは、日帰り温泉とゲストハウス、そしてカフェの3つを供えた
スペースで、素敵なご夫婦が営まれています。
温泉に入りたい気持ちをぐっと抑え、今回はカフェにて打合せ。
木々に囲まれたマイナスイオンのたっぷりな場所にあり、
西粟倉村らしく木を沢山つかった内装は、のんびりと
癒されるスペースでした。
次回は、温泉に浸りに行きたいと思います。
そして、本題の西粟倉村にある油屋さんの「ablabo.」さんへ。
ご縁あって、岡山市平和町にある「つるの玉子本舗 下山松壽軒」の
岡田さんと一緒に行って参りました!
 IMG_1994.jpg
ablabo.代表の大林由佳さんは、岡山県津山市にある94歳の油絞りの師匠に
弟子入りした後、西粟倉村で独立起業されたパワフルな女性です。
昔ながらの圧搾法で作られる油は、焙煎の仕方によっても味わいや香り
に違いが出る等、奥深いものがあります。
油についてのお話が興味深く、質問したり、お話を聴いたりと
あっと言う間に時間が過ぎていました。
今回、工房にお邪魔して、油の絞られる光景を見せて頂きました。
 IMG_1995.jpg
これは、原料の綿。この綿からも油が取れるんですね。
そして、今回見せて頂いたのはお馴染みの「ごま」。
IMG_2007.jpg
新しい工房は、機械もピカピカ!こうやって、油が出て来ます。
お話を伺いながら、大林さんの油に対する愛情と情熱を感じました!
大林さんと、岡田さんとablabo.の工房の前で。
IMG_2014_Fotor.jpg
新しい学びが良い刺激となり、色んな事を考える良い機会にもなり、
充実した一日でした!
きっかけを下さった岡田さん、大林さん、本当にありがとうございました。
TABERUでも、今年の秋頃にablabo.の大林さんによる油のワークショップ
を開催する予定です。油についてのお話しや、大林さんの油を使った
お料理を作ってみたりと企画しています。
今年の絞りたての菜種油も持って来て頂けるかも知れません!
詳細が決まり次第、またお知らせさせて頂きますので、お楽しみに。

2015/06/29

リビング新聞

お伝えするのが遅くなってしまいましたが、先週のリビング岡山

にレシピを提供させて頂きました。
教室でも「見ました!」「作りました!」の嬉しい声が届いています。
ありがとうございます。
IMG_2268_Fotor.jpg
女子会をテーマに、簡単に出来て見栄えのする6品のレシピが載っています。
IMG_2271_Fotor.jpg  
お手元にある方は、是非作ってみて下さいね。
TABERUにも数部余分がありますので、お渡し出来ます。
お申し出下さいね。
撮影では、可愛いお花を持って来て下さったりと、編集部のOさまには
大変お世話になりました。
情報通の素敵なOさまに美味しい情報を聞いたりと、とても楽しい撮影でした。
ありがとうございました!

2015/06/19

西粟倉村へ ①

先日、岡山の北東部にある西粟倉村へ行って来ました。

岡山市内から車で2時間程度の場所にある、西粟倉村。
自然が豊かで、県外からの移住者も多く、色々な取り組みで
全国的にも注目されている場所です。
IMG_1992_Fotor.jpg
まずは、美作市にある古民家をリノベーションして生まれた複合施設
難波邸」へ。
IMG_1987_Fotor.jpgIMG_1984_Fotor.jpg
その中の「フレル食堂」さんで、ジビエ料理を頂きました。
IMG_1975_Fotor.jpg
この日のお肉は「鹿肉」。
ジビエのお肉は、クセがあるイメージの方も多いですが、
お肉の処理の仕方や料理方法により、ジューシーで柔らか、
臭みは全くありませんでした。
「美味しい!」
お肉以外にも、お野菜をたっぷり使った献立は、身体に染み入る
優しい味でした。
食事中には野生のアナグマも中庭にサプライズで登場。
ちょっと、盛り上がりました!
難波邸の中には、器や雑貨などが魅力的に配置され、見ている時間も
楽しいものでした。
IMG_1981_Fotor.jpg
日差しが入って、グラスも綺麗!
IMG_1982_Fotor.jpg
当日は、ギャラリーでは現代的なアート作品も飾られていて、
色んな意味で刺激を受ける一日でした。
つづく。

2015/06/12

長島慶明さんの器

TABERUでもお世話になっている、陶芸家の長島慶明さん。

ペールブルーとホワイト、ブラウンの色味が、存在感はあるのに
どんなテーブルにもすーっと馴染んでくれる、そんな器を作陶されて
います。
その長島さんが、6月の1ヶ月間、岡山市南区にあるカフェ
Skipさんで作品を出されています。
IMG_0945_Fotor.jpg
お皿やマグカップ、花器など、色んな器が揃っています。
IMG_0946_Fotor.jpg
TABERUで使っている器も、見つかるかもしれません。
気になる方は、覗いてみて下さいね。
3 / 20«234»